rss twitter fb hatena gplus

About

*

ボードウォーク・エンパイア シーズン1第12話 平常への復帰

073_boardwalkempire_s1
シーズン1もいよいよ最終話。
アトランティック・シティでは市長選の投票が行われる。ベースボールの八百長で起訴されそうなロススタインは、トーリオの仲介により抗争中のナッキーと対面する。

マーガレットはナッキーの妻と子供が産まれてすぐ亡くなったことを知る。
妻が子供を産んだとき、ナッキーは収入役になったばかりで忙しかった。
いくら忙しいたって、子供が死んで何日も経っているのに気がつかないってアンタおかしいでしょ。初めて自分の子供を抱いたのが死んだ後って・・・。
マーガレットと初めて会ったとき、彼女は妊婦だった。そしてその後に流産で子供を亡くした。自分の妻子と重なったのでしょうね。だから放っておけなかった。
マーガレットとその子供たちと過ごす日々は幸せを感じていた。
ナッキーはマーガレットに子供を産んで欲しいのかな。
結局、元鞘に収まったマーガレット。
ケーキの占いでボロ布が出てきたから貧乏になる不安を感じた?
しかも子供2人を育てなければならない。ナッキーのもとに戻ったのは、その辺りの冷静な判断もりそう。意外としたたかだからねこの女は。

禁酒法取締役官オルデンは最後までよくわからん人だったなぁ。
セブソ殺したくせに心臓発作で処理しやがったのか。
大きな酒の密造所を摘発って、ナッキーが矛先を変えさせようとしてセブソに教えたやつだよね。
役人を辞めるのは何故?
ナッキーが酒の密造に関わっているのは明らか。でも証拠がなく逮捕できない。
やりきれない思いってのはそれですよね。
マーガレットへの想いが通じないことも含まれているのかな。
事務所に女が来たと聞いたとき急におめかしし始めたけど、あれマーガレットと勘違いしたのかな。でも来たのはルーシー。しかもオルデンの子を妊娠している。
妊娠を聞いたオルデンの目(笑)。
ここに留まることが主の意思なら、印を残すはず。
妊娠は神の意思ということか。とオルデンは勝手に解釈しそうだ。
こりゃ役人は辞めないな・・・。

ニューヨークのロススタインは、ベースボールの八百長疑惑で大ピンチ。
政界に顔が利く人物・・・それはナッキー・トンプソン。
ルチアーノの説得、そしてシカゴのトーリオの仲介によりナッキーと対面。
ナッキー、ジミー、ロススタイン、ルチアーノ、トーリオ、アルカボネが揃うシーンはいかにも最終話っぽい。第1話でも似た場面がありましたが、あのときにいたコロシモは既に死んでいるのでいない。
ナッキーは州検事リプルーグルと知り合い。政界だけでなく法曹界にも顔が利くのか。顔が広いですねぇ。
ロススタインを起訴しないよう州検事に働きかける、その条件は100万ドルとダレッシオ兄弟の居場所を教えること。
取引成立によりナッキーとロススタインの抗争は終結。
ジミーはあまり納得してなさそうだ。
カポネは久しぶり。落ち着いた雰囲気、貫禄が出てきましたね。
ルチアーノと話すカポネの様子をみたジミーは、何か彼の変化を感じ取ったのかな。
かくしてロススタインは起訴を免れ、ダレッシオ兄弟は殺された。
ジミーとカポネによる森の殺人事件は、首謀者ハンス・シュローダー、その共犯ダレッシオ兄弟による犯行ってことにしてしまった。

ジミーとアンジェラ。
無言でよそよそしいジミーの態度に我慢できないアンジェラ。
ジミーは今でも夜中に夢でうなされている。戦争による心の傷が未だに癒えない。そこはもうちょっとアンジェラが気を使ってもいいんじゃないと思うんだが。
やり直すことになった2人。
アンジェラはバッサリ髪を切った。これは写真屋の奥さんとの決別、彼女なりの決意、踏ん切りをつけるためなのかな。

市長選の行方。
民主党の勢いに押されていたが、ナッキーの援護射撃の会見もあり、エドワード・ベイダーが新市長に当選した。
そして弟イーライは保安官に復帰。ハロランは何かミスを犯したわけでもないのに、辞任させられてちょっとかわいそう。
そして大統領にはウォレン・ハーディングが当選。
彼の愛人ナンは大統領夫人になる夢を見ている。捨てられるフラグ立ちまくりだが・・・。

提督の動き。
死にかけていた提督は持ち直した。
ヒ素はシチューやビスケット、ハミガキ粉にまで入っていた。
そんなことが出来るのはメイドのプラットしかいない。
提督はメイドを酷い扱いしていましたよね。バカにされ罵られる毎日。
毒を盛った理由はなんなのか、彼女ははっきりと答えなかった。
ナッキーはメイドを逮捕させず、金を渡して遠くへ行かせた。
この件の黒幕は実はナッキー?
逮捕したらナッキーのことしゃべってしまうかも。だから金で黙らせた。そんな気がしますね。提督もナッキーの仕業だと気がついている気がする。ジミーは全く疑ってなさそうだけど。
提督とナッキーの関係もこれまで謎が多かったのですが、いろいろと明らかになってきました。
自分が作り上げたアトランティックシティをナッキーから取り戻す。
提督は息子ジミー、さらにはナッキーの弟イーライまで取り込み、密談をしている。
シーズン2はこの辺りが話しの中心になっていくのかな。

イーライは何かと兄ナッキーに不満を持っていた。
それが決定的になったのはイーライを保安官から外したこと。
外した理由は提督からの進言によるもの。
これは提督がイーライを引き込むための策略だったのかな。

ゆっくり面白くなっていく感じのシーズン1でした。
とにかく登場人物が多い。似たような顔も多い。ちょっとだけしか出ない人も多いから、憶えることも容易ではない。把握するのが大変すぎる。
ロススタインやルチアーノ、アルカポネ、ジミーなどの脇役は良かった。
HBO製作ということでエロもそれなりあって楽しめました。ナッキーの愛人ルーシーがエロかった。

Boardwalk Empire: Complete First Season [Blu-ray] [Import]

Steve Buscemi, Kelly Macdonald, Michael Shannon, Shea Whigham, Michael Stuhlbarg

Hbo Home Video

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

関連記事

073_boardwalkempire_s1

ボードウォーク・エンパイア シーズン1第11話 パリスグリーン

ジミーは提督が死に掛けていること母から聞いて会いに行く。禁酒法取締役官...

記事を読む

073_boardwalkempire_s1

ボードウォーク・エンパイア シーズン1第10話 鏡の中の自分

弟イーライが撃たれ、ナッキーも狙われた。ロススタインとルチアーノは闇酒...

記事を読む

073_boardwalkempire_s1

ボードウォーク・エンパイア シーズン1第9話 凶弾

イマジカBSのシーズン1一挙放送を週1で視聴していたのですが、8話が録...

記事を読む

073_boardwalkempire_s1

ボードウォーク・エンパイア シーズン1第7話 ホーム

ナッキーの父親が自宅で怪我をしたので、弟のイーライが引き取ることになる...

記事を読む

新着記事

025_personofinterest

パーソン・オブ・インタレスト シーズン2第17話 前触れ

マシンから3日も連絡がなく不審に思っていた矢先、一度に6人の対象者が告...

記事を読む

マジックシティ シーズン1第4話 野望の代償

マイク・ストラウスの葬儀中に検察が遺体を奪っていってしまったため、アイ...

記事を読む

090_supernatural_s7

スーパーナチュラル シーズン7第18話 日本から来た呪いの酒

地ビール会社の社長ジム・マッキャナンの息子が相次いで殺された。この怪死...

記事を読む

086_mentalist_s4

メンタリスト シーズン4第11話 いつも赤に賭けろ

殺人予告を受けた離婚弁護士オルトン・クリークがサンフランシスコにCBI...

記事を読む

156_tudors_s4

チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第5話 散りゆく花

キャサリン妃の結婚前の自堕落な生活を告発する匿名の手紙が届く。英国王ヘ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS


(管理人にのみ公開されます、メールは必須ではありません)


025_personofinterest
パーソン・オブ・インタレスト シーズン2第17話 前触れ

マシンから3日も連絡がなく不審に思っていた矢先、一度に6人の対象者が告...

マジックシティ シーズン1第4話 野望の代償

マイク・ストラウスの葬儀中に検察が遺体を奪っていってしまったため、アイ...

090_supernatural_s7
スーパーナチュラル シーズン7第18話 日本から来た呪いの酒

地ビール会社の社長ジム・マッキャナンの息子が相次いで殺された。この怪死...

086_mentalist_s4
メンタリスト シーズン4第11話 いつも赤に賭けろ

殺人予告を受けた離婚弁護士オルトン・クリークがサンフランシスコにCBI...

156_tudors_s4
チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第5話 散りゆく花

キャサリン妃の結婚前の自堕落な生活を告発する匿名の手紙が届く。英国王ヘ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑