rss twitter fb hatena gplus

About

*

チューダーズ背徳の王冠 シーズン3第6話 妃を求めて

109_tudors_s3
ヘンリー8世の4番目の王妃を探す回。クロムウェルから再婚を勧められたヘンリーは、フランス、神聖ローマ帝国などから様々な妃候補を探している。

フランスのマーガレット王女
ギース公の娘マリー
帝国皇帝の姪クリスティーナ
クレーヴズ公の姉妹アンとアメリア
その他もろもろの候補の肖像画を描かせるヘンリー。やっぱり美女がいいらしい。

マーガレットは若すぎる。マリーはスコットランド王に嫁いでしまった。
サフォーク公チャールズが推すのはクリスティーナ。
クロムウェルが推すのはアン。
家臣の不和・対立は妃選びにも影響を与えています。
チャールズは枢密院議長、家令長に任命されたことにより、クロムウェルに代わってヘンリーの全権代理を任される。
クロムウェルとしては妃候補選びで信頼を回復したいところ。

ヘンリーとしては美女のクリスティーナが良かったが、様々な理由により難しい。
ということでクロムウェルの再三の説得により、クレーヴズ公の姉妹を妃候補として調査させる。
メアリーとドン・ルイスの結婚の話も流れ、帝国との関係は徐々に距離が出来てきている。フランスとの関係、ローマ教皇との対立など、孤立しつつある英国としては、帝国と対立しているクレーヴズ公と組むことが国益に繋がる。
そういった判断もあったようですね。

しかしクレーヴズ公の姉妹は体型、容姿が並。という話なので、ヘンリーの股間のレーダーは反応せず。
クレーヴズ公のもとにハットンを派遣するんだけど、なかなか姉妹に会わせてもらえない。やっと姿を現すも顔には布が・・・。
なかなかもったいぶるねー。
サットンは容姿を確認したいのにそれができない。
肖像画を描かせるみたいだけど、これこのまま顔出しは無しのまま、結婚まで進みそうな予感(笑)。これは面白いことになりそうだ。
顔を見せたら断られるってクレーヴズ公は考えているのかしら。
でも今週はオープニングの映像からジェーンが消えて、新たな女性が加わってるんだよね。これがおそらく・・・。
ってオープニングでネタバレしとるやないかい。
ヘンリーはジェーンが死んでぽっかりあいた穴を埋めたい。
そんな様子も伝わってきました。

レジナルド・ポール枢機卿は反乱の再燃を画策。
ヘンリーは彼が許せない。しかしなかなか捕まえられない。昔はレジナルドの学費までヘンリーが代わりに払っているんですよね。
その怒りは英国に住むレジナルドの親族に向けられることになる。
母のソールズベリー夫人、兄のモンタギュー卿、兄の息子。反逆罪により一家全員が逮捕される。とばっちりだわー。
そしてエドワード・シーモア、サー・フランシスらが無理やり反乱に結びつける。
メアリーは養育係だったソールズベリー夫人の嘆願を求めるも聞き入れられず。
兄、そして母が処刑。
そして最後は子供も・・・。
シーモアと手を繋いで檻から出て行ったけど、あれは処刑に向かったんだよね・・・。
さすがにそこは映像に出来なかったのでしょう。
これにより、プランタジネット家は断絶。

ソールズベリー夫人マーガレット・ポールの反逆罪については、様々な説があります。
レジナルド・ポールの母だから。
プランタジネット王朝の最後の血筋、有力貴族なのでヘンリーの王位を危うくする可能性があるから。
メアリーを王位につけるためにヘンリー暗殺計画を企てていた、なんて説もあります。
このドラマではレジナルドの母という部分が強調されていましたが、プランタジネットの血筋、王位を危うくする存在という描写もありましたね。

足の古傷が悪化するヘンリー。
かなり苦しんでいるため、密かに跡目を巡る動きも出てきました。
エドワード・シーモアは、甥である王子の警備を強化。
一方でチャールズ・ブランドンはメアリーの身辺を警護させる。
だれかエリザベスちゃんのことも心配してあげてー。

ジョン・ランバードなる男が出てきました。
国教会の教義に反する説話をしているとして逮捕。
この男がクロムウェルの友人だったことで、ヘンリーはクロムウェルの思想も疑いだす。
クロムウェルはランバードと監獄で再会して必死で説得する。
ランバードを心配しているようで、その実、自分の身が心配なだけ、自分に危害が及ぶのを恐れている。
結局ランバードは火あぶりの刑に処せられる。
エドワード・シーモアがレジナルドの兄に言われた一言。
「王に愛された者は必ず破滅する」
ウルジー然り、モア然り、アン・ブーリン然り。
そしてクロムウェルにも破滅の足音がヒタヒタと迫ってきています。
シーモアはまだ安泰。でもヘンリーの死後に彼の破滅はやってくる。このドラマではその時代までやらないでしょうけど。
レジナルドの兄がシーモアに言った言葉は現実になるのですよ。

チューダーズ <ヘンリー8世 背徳の王冠> DVD-BOX3

ジョナサン・リース・マイヤーズ, ナタリー・ドマー, マリア・ドイル・ケネディ, サム・ニール, ジェレミー・ノーサム

ポニーキャニオン

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

関連記事

156_tudors_s4

チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第5話 散りゆく花

キャサリン妃の結婚前の自堕落な生活を告発する匿名の手紙が届く。英国王ヘ...

記事を読む

156_tudors_s4

チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第4話 暗転

北部の巡幸を続ける英国王ヘンリー8世の一行は、ヨークシャーのポンテフラ...

記事を読む

156_tudors_s4

チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第3話 密会

キャサリン妃は英国王ヘンリー8世の不在を見計らってカルペパーとの密会を...

記事を読む

156_tudors_s4

チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第2話 誘惑の香り

英国王ヘンリー8世に愛されて毎日が幸せそうなキャサリン王妃。そんな王妃...

記事を読む

156_tudors_s4

チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第1話 恵みの雨

イマジカBSで放送中のチューダーズ、いよいよ最終シーズンに突入。 英国...

記事を読む

新着記事

025_personofinterest

パーソン・オブ・インタレスト シーズン2第17話 前触れ

マシンから3日も連絡がなく不審に思っていた矢先、一度に6人の対象者が告...

記事を読む

マジックシティ シーズン1第4話 野望の代償

マイク・ストラウスの葬儀中に検察が遺体を奪っていってしまったため、アイ...

記事を読む

090_supernatural_s7

スーパーナチュラル シーズン7第18話 日本から来た呪いの酒

地ビール会社の社長ジム・マッキャナンの息子が相次いで殺された。この怪死...

記事を読む

086_mentalist_s4

メンタリスト シーズン4第11話 いつも赤に賭けろ

殺人予告を受けた離婚弁護士オルトン・クリークがサンフランシスコにCBI...

記事を読む

156_tudors_s4

チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第5話 散りゆく花

キャサリン妃の結婚前の自堕落な生活を告発する匿名の手紙が届く。英国王ヘ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS


(管理人にのみ公開されます、メールは必須ではありません)


025_personofinterest
パーソン・オブ・インタレスト シーズン2第17話 前触れ

マシンから3日も連絡がなく不審に思っていた矢先、一度に6人の対象者が告...

マジックシティ シーズン1第4話 野望の代償

マイク・ストラウスの葬儀中に検察が遺体を奪っていってしまったため、アイ...

090_supernatural_s7
スーパーナチュラル シーズン7第18話 日本から来た呪いの酒

地ビール会社の社長ジム・マッキャナンの息子が相次いで殺された。この怪死...

086_mentalist_s4
メンタリスト シーズン4第11話 いつも赤に賭けろ

殺人予告を受けた離婚弁護士オルトン・クリークがサンフランシスコにCBI...

156_tudors_s4
チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第5話 散りゆく花

キャサリン妃の結婚前の自堕落な生活を告発する匿名の手紙が届く。英国王ヘ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑