rss twitter fb hatena gplus

About

*

THE BRIDGE ブリッジ シーズン1 第6話 巧みな罠

016_thebridge

家出少女が死ぬ前に書いた似顔絵をステファンだと考えるマーティン。違うと考えるサーガ。眉間のシワはそっくりだよね。
捜索令状を取らないとダメでしょと相変わらず規則を曲げないサーガをよそに、マーティンはステファンの家に勝手に侵入して家宅捜索する。
床の板の目にあった血を採取し、ステファンを事情聴取する。
ステファンは犯人ではないと否定。証拠も出てこない。血はステファンとも被害者とも一致しない。結局、誤認逮捕で釈放になる。
今回の事件の犯人ではないが、何か犯罪を犯していると感じてる。

マーティンはマルメ県警に来ていたダニエル・フェルベに容疑者の釈放を教える。
手がすべった振りしてコーヒーをダニエルのズボンにかけて、席を外した隙に携帯電話のシムカードを入れ替える。もはや犯罪やんマーティン。。。
ダニエルのシムカードがあれば、犯人から電話を受けることができるってことらしい。
犯人から電話がくるがすぐに切られてしまう。
ダニエルの職場に犯人からの電話がきて、シムカードを入れ替えられたことに気が付く。
そしていつものように犯人からメールが。
メールに添付されていたのは移民に関する資料。今回は移民政策を批判したいようだ。

殺された移民の弟あてに手紙が届く。中には地下にあるボイラー室の鍵が。
弟がボイラー室にいってみると、そこには兄を殺して裁判にかけられていた刑事の1人ヘニングが拘束されている。
何者かが誘拐してボイラー室に連れてきたらしい。おそらく一連の事件の犯人でしょう。
ネットではヘニングが移民に殺される絵が公開されており、コペンハーゲン警察は総動員でヘニングを捜す。これが移民を刺激し暴動が発生してしまう。
これも犯人の狙いどおりなのかな。

ダニエル・フェルベはクラブでクスリをキメて踊りまくっている。ヤク中で倒れて病院に運ばれる。次の日に同僚が迎えにくる。この同僚はいつもダニエルに嫌味ばかり言われているのにいい奴だなぁ。
このシーンはなんなんでしょう。今後の複線になるのでしょうか。次回はクスリ関係の話が出てくるとか?

ステファンの妹が病院で目をさます。
妹から犯人に関わる新たな話が出てくるのでしょうか。兄であるステファン誤認逮捕の件もあるだけにどうなるでしょうね。

サーガに犯人から電話がかかってくる。
家出少女を救えなかった無力感を感じているのか?とサーガに聞く。
それは警察として?個人として?と聞き返すサーガ。
それはわかっているはずだと答える犯人。

マーティンは早くもシャーロッテとの浮気が妻にバレて家を追い出される。
浮気はパイプカットのせいなどど意味不明な言葉を繰り返し・・・。
奥さん妊娠してるんやで!酷い夫やわー。
次の日にサーガの家にいくと、息子のアウグストがシャワー室から出てきた。
これ絶対にヤってるだろおい。
息子を説教する親父。親らしいことずっとしてなかったくせにと言われてしまう。
息子が子供の頃は家庭を顧みない親父だったようです。
気まずい雰囲気のサーガとマーティン。こういうのは良くないとサーガに話す。
前回不倫したくせにどの口で言っているんだろうか(笑)。お前はそんなこと言う資格ないだろ。相棒の刑事の息子と会ってすぐやるサーガもサーガだが。
しかしろくな大人がいないドラマやなぁ。家出少女の親も酷かったし。
ちなみにサーガは38歳の設定らしい。もっと若いかと思ってたわー。ちょっと中谷美紀っぽいよね。38歳と18歳か、むむむむむ。

殺された移民の弟はヘニングを鉄パイプで殴ろうとするが出来ない。
なんだかんだで水や食料を与えたりしている。どうしたらよいのか困っているようだ。
父親に見つかり、結局ヘニングを解放する。
開放された直後、ヘニングは暴動鎮圧部隊のような格好をした警察官(ヘルメットで顔がみえない)に射殺される。犯人は移民の親子がヘニングを殺すようにしむけたんでしょう。しかし開放した。それを予測したプランBも考えてあって、待ち構えていたと。

殺された移民の弟は署で事情聴取を受ける。
移民が殺されても誰も動かないくせに刑事1人いなくなったら総動員かよ!と不満を述べる。正論に同調するサーガ。お前は黙ってろ!とサーガを怒鳴りつけるマーティン。
これサーガと息子の件のイライラからくるやつ当たりだろマーティン。
盗まれたパトカーが見つかり、現場検証をする。
サーガは警察内部の者が犯人だと考える。

警察内部ってのは既に予測していたので驚きはないですね。
最後の盗まれたパトカーの件は全然思い出せない。なんの事件だっけ?
結構いろんなこと毎回おこっていてボケ~っと見ているとわからなくなる。登場人物の名前もいまいち覚えづらいし、混乱している視聴者も多いのではないでしょうか。
その中には複線もあるんだろうけど結構見逃しているような気もする。

それと犯人は最初に5つの問題をとりあげるって言ってましたよね。
これまで起した事件によって訴えてきた問題は、格差の問題、ホームレスの問題、精神病のなにか、薬?の問題(ちょっとよくわかってなくてあいまいです)、そして今回は移民の問題。次はなんでしょうね、若者のドラッグ問題あたりが怪しい。

今回はサーガの妹の話がでましたね。
妹は電車に飛び込んで自殺したらしい。自殺したのは家出少女と同じ年齢。
前回、家出少女が死ぬ時、相手が求めている答え(嘘)を言ったサーガ。
その時の人間らしい表情は、死んだ妹を思い出したからなのか。
サーガと犯人の電話のやりとりでもありましたよね。家出少女が死んだことの無力感についての話で。警察としてか個人としてか。個人として、つまり妹と重なったから~ってことでしょうか。サーガが妹の墓地を訪れたのもそういうことでしょうね。
犯人はサーガの過去についても知ってそうですね。
マーティンはそのことでサーガを気遣うが、大丈夫だと無表情で答える。
サーガはビッチでろくでもないけど、マーティンもろくでもない親父だということもわかってきました(笑)。マーティンは過去にも浮気してんだろうなぁ。
こんだけ感情移入できない主役も珍しい。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

関連記事

066_thebridge

THE BRIDGE ブリッジ シーズン1 第10話 橋の上の対決

自宅に戻ったマーティンは倒れているサーガを発見。息子アウグストが拉致さ...

記事を読む

057_bridge

THE BRIDGE ブリッジ シーズン1 第9話 犯人の素顔

イェンスの妻ミカエラはオーレスン橋で事故にあったとき、帰省するところだ...

記事を読む

044_thebridge

THE BRIDGE ブリッジ シーズン1 第8話 新たな手がかり

ダニエル・フェルベが殺された。エークヴァル、ブラマー、エーミル、ヘニン...

記事を読む

029_120427weekInTV_6113300

THE BRIDGE ブリッジ シーズン1 第7話 第5の社会問題

通学バスを待っている子供たちが手遊びしている。ほんわかする光景です。 ...

記事を読む

新着記事

025_personofinterest

パーソン・オブ・インタレスト シーズン2第17話 前触れ

マシンから3日も連絡がなく不審に思っていた矢先、一度に6人の対象者が告...

記事を読む

マジックシティ シーズン1第4話 野望の代償

マイク・ストラウスの葬儀中に検察が遺体を奪っていってしまったため、アイ...

記事を読む

090_supernatural_s7

スーパーナチュラル シーズン7第18話 日本から来た呪いの酒

地ビール会社の社長ジム・マッキャナンの息子が相次いで殺された。この怪死...

記事を読む

086_mentalist_s4

メンタリスト シーズン4第11話 いつも赤に賭けろ

殺人予告を受けた離婚弁護士オルトン・クリークがサンフランシスコにCBI...

記事を読む

156_tudors_s4

チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第5話 散りゆく花

キャサリン妃の結婚前の自堕落な生活を告発する匿名の手紙が届く。英国王ヘ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS


(管理人にのみ公開されます、メールは必須ではありません)


025_personofinterest
パーソン・オブ・インタレスト シーズン2第17話 前触れ

マシンから3日も連絡がなく不審に思っていた矢先、一度に6人の対象者が告...

マジックシティ シーズン1第4話 野望の代償

マイク・ストラウスの葬儀中に検察が遺体を奪っていってしまったため、アイ...

090_supernatural_s7
スーパーナチュラル シーズン7第18話 日本から来た呪いの酒

地ビール会社の社長ジム・マッキャナンの息子が相次いで殺された。この怪死...

086_mentalist_s4
メンタリスト シーズン4第11話 いつも赤に賭けろ

殺人予告を受けた離婚弁護士オルトン・クリークがサンフランシスコにCBI...

156_tudors_s4
チューダーズ背徳の王冠 シーズン4第5話 散りゆく花

キャサリン妃の結婚前の自堕落な生活を告発する匿名の手紙が届く。英国王ヘ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑